トルコ・イスタンブルに流学中の末澤寧史(すえざわ・やすふみ)のブログ
by swetching
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
新たな誕生日
10月3日、昼過ぎに退学届けを提出した。
大学生生活6年半、悔いはなし。

昼過ぎ、待ち合わせした指導教授に最後の意思確認をされ、迷いなく退学の道を選ぶ。
まったくぶれることなし。

その後、学部時代のゼミの教授に偶然会い、「おう、大学院どうだ?」
と聞かれ、「今日、退学届けだしにきました」と答え、二人で笑う。

「50代をピークと考えて、がんばれ」という言葉を受け、お勧め本として、丸山健二の「まだ見ぬ書き手へ」を紹介してもらう。

それから学事センターのドアをくぐる。
「10月10日に文学研究科の会議にかけられ、正式な通知が保証人様のほうに届けられます。」
という学事センターの事務員のこれまた事務的なセリフが、妙に心地よい。

夕方、友人の音楽家井口と飲む。同席した井口の友人高橋さんに、井口が聞く。
「今日は末澤の大事な日なんだけど、なんの日だと思う?」
高橋さんは「べただけど」、と言ってから、「誕生日?」と答える。
「ある意味ね」といって、井口とふたりで笑い、退学記念の乾杯をする。

さあて、こうして学生を終え、職業欄には何と書こうか?
[PR]
# by swetching | 2007-10-04 22:31